脱毛器の原理について

| 未分類 |

 

脱毛器には様々なタイプの製品があり、それぞれ脱毛の原理は異なっています。
まず、フラッシュ及びレーザー方式の製品についてです。
これはムダ毛の黒い色素に反応する特殊な光あるいはレーザーを照射し、毛根に熱のダメージを与えて毛が生える元になる毛母細胞を破壊することでムダ毛が再生しないように抑制するというメカニズムによって脱毛を行うものです。
特徴としては毛根から根こそぎムダ毛を処理できる点と、使用後はしばらく脱毛効果が持続するという点です。
照射時には熱のダメージが毛根へ伝わるため一瞬肌を輪ゴムで弾くような痛みを感じますが、家庭用の製品は出力が弱めに抑えられているのでそう強く痛むことはありません。
フラッシュ、レーザーともに脱毛メカニズムとしては同じなのですが、レーザーのほうが威力が強いため効果が現れやすいとされています。
次に熱サーミコン方式の製品です。
これは熱の力で肌表面のムダ毛を焼き切るというメカニズムによってムダ毛を処理します。
フラッシュ、レーザー方式のようにムダ毛を根こそぎ処理するのではなく、肌表面に生えている部分のみを焼き切るというものです。
そのため効果の持続期間としてはカミソリを使用するのと同じ程度の短期間になりますが、カミソリを使用した時のように毛先がチクチクとせず、滑らかに仕上がる特徴があります。