レーザー式

| 未分類 |

 

レーザー式の脱毛には美容外科や皮膚科で施術を受ける事ができる医療用レーザー脱毛と、自宅で手軽にできる家庭用レーザー脱毛器があります。
どちらのレーザー脱毛も原理は同じで、メラニン色素にのみ反応する波長のレーザー光線を照射することで毛乳頭に熱を蓄積させてダメージを与えて毛が生えにくくします。
医療用レーザー脱毛は医療行為なので医師免許を持った専門医にしか施術はできませんが、その分レーザー光線の出力は強いので効果も高く、数回の施術でほとんど毛が生えてこなくなります。
ただし、レーザー光線の出力の強さによってはホクロなどの色の濃い部分にやけどをしてしまう可能性があるので、事前に事前に色素のチェックを行ってから出力量を判断して施術を行います。
また、痛みを伴うことも多く、毛深かったり色黒だったりする人はより強い痛みを感じる可能性があります。
一方の家庭用のレーザー脱毛器は、直接毛を抜き取っていくローラー方式などの脱毛と比べて痛みが少ないことが多く、中には痛みを何も感じないという人もいますが、医療用のレーザー脱毛よりもかなり出力が抑えてあるので、数回脱毛を行っただけで永久脱毛ができるわけではないので、ある程度の間隔を空けたうえで脱毛を繰り返す必要があります。